サーフボードで変わる「奥が深いサーフィンの世界」をご紹介します

みなさんはどのようなサーフボードに乗っていますか?

ココサンシャインはアメリカのサンディエゴに所縁(ゆかり)があります。

所縁といっても、まったりサーファーのメッカでもあるサンディエゴで、

サーフィンを楽しんでいる最中に、

世界に羽ばたく「日本生まれの日焼け止め」という着想を得たというのが、

日焼け止めココサンシャインの始まりだからです。

そのサンディエゴはフィッシュが生まれた場所とされます。

ここ日本でもフィッシュ形状のボードは一時的な流行だけでなく、

一般的に浸透した(市民権を得た)サーフボード形状となっています。

今回はSTABマガジンが公開する動画を紹介します。

カリフォルニアの人気サーファー、デーン・レイノルズのフィッシュライディング。

デーンのサーフィン中の「日焼け止めの塗り方」も参考になりますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.