みんな笑顔でサンシャインスナップ!!

ココサンシャインのユーザーさんから、

たくさんのお声やスマイル写真をいただいてます♪

写真はSnipe Sports Cosmeticsのインスタグラムにアップしてます!

題して「#サンシャインスナップ」

弊社のインスタグラムはコチラ

⇩   ⇩   ⇩

https://www.instagram.com/snipe_sports/

 

☆ハッシュタグ☆

#サンシャインスナップ

みなさんもぜひご投稿してくださいね。

 

世界中でトップサーファー御用達『ココサンシャイン』

日焼け止め ココサンシャイン 使用

サマータイム、いかがお過ごしでしょうか?

サーフシーズンも本番ということで、ワクワクドキドキの毎日ですね。

snipe20150804a

スーパーウォータープルーフの日焼け止め『ココサンシャイン』

[サーフィンやSUPに最適な日焼け止めココサンシャイン]

耐水性と肌への安全性にこだわった成分使用で、おかげさまで国内外で好評を得ています。

特にサーファー人口が多いカリフォルニア。

白人のみなさんは紫外線や日焼けに弱いので、『ココサンシャイン』をたくさんの方に重宝していただけています。

毎日海に入るプロサーファーの方々から、ココサンシャインが高い評価をいただくのは嬉しい限りです。

 

日焼け止め ココサンシャイン 使用

さまざまな意見をくれる、Christian Wach(クリスチャン・ワック)

こちらは顔〜全身に使える『ココサンシャイン・クリーム

紫外線が比較的弱い冬からオールシーズン使えるので、1年を通して定番商品となっております。

じつはマラソンや自転車ロードレース、太陽の下でおこなう一般的な屋外スポーツでも人気が高まっています。

 

日焼け止め ココサンシャイン 使用

ローファーこと、Brian Anderson(ブライアン・アンダーソン)

いぶし銀のカッコよさを持つロングボーダーのローファー。

cocosunshine_brian_anderson2015a

スティック/ココナッツホワイト』と『ココサンシャイン・クリーム』を愛用してくれています。

彼はロングボードのプロデューサーでもあり、そのボードにもココサンシャインステッカーを貼っていただいてます♪

 

日焼け止め ココサンシャイン 使用 troy elmore

大注目の若手ロングボーダー、Troy Elmore(トロイ・エルモア)

Brixtonなど今カッコいいサーフブランドからサポートを受けるトロイ、

今後のカリフォルニア・サーフ界を担う逸材も『ココサンシャイン スティック』ユーザー。

 

日本のレジェンドロングボーダー、デイビッド・木下(キノシタ)プロ

今やTVコマーシャル出演など活躍の場を広げていますね。

ココサンシャインは他にもたくさんのトップアスリートと契約しています。

[ココサンシャインを使用するプロサーファー]

一流サーファーたちのフィードバックをもとに作られた日焼け止め、それがココサンシャインです。

 

【クリスチャン・ワックやブライアン・アンダーソンが出演のSURF MOVIE】

↓  ↓  ↓

.

 

日焼け止め ココサンシャイン 使用

ココサンシャインがサーファーに人気の理由として、

スティックタイプはさっと塗れるので、波に敏感な(せっかちな)サーファーに人気なのです。

波が良い日はさっさと準備して一本でも多く良い波に乗りたいですからね(笑)

 

日焼け止め ココサンシャイン 使用

サーフィンを楽しみながらもビューティを意識するガールズサーファー。

サーフィンの本場カリフォルニアでも大好評をいただいているココサンシャイン。

美意識の高い世代からも信頼が厚いのはメーカーにとってとても嬉しいことなのです。

ガールズサーファーに人気の『ココサンシャイン スティック/マンゴーブラウン』。

無香料なので夏場の化粧下地としてもご使用いただいています。

 

日焼け止め ココサンシャイン

基礎化粧品の技術を応用して、肌に優しい成分を配合し、水や汗に強い超耐水性を実現しました。

肌が敏感なお子さまにも安心してお使いいただけるので、一日じゅうビーチで遊ぶ日の紫外線対策にもご活用いただけます♪

snipe20150804b

▽ココサンシャインが肌に優しい理由

ココサンシャイン | サーフィン SUP スノーボードの日焼け止め

 

cocosunshine_series2014summer 日焼け止め ココサンシャイン 使用

キャンプやハイキングなど、夏場のアウトドアにもバッチリ!

ビーチで長時間遊ぶときは少し厚めに塗り、ハイキングなどはクリームを全体に薄く伸ばして塗ることをオススメします。

(クリームは薄く伸ばすことで白浮きしないので白さが目立ちません)

太陽が輝くなかアウトドアでスポーツを楽しむみなさまに、

ナチュラル志向にこだわった成分で作られたココサンシャインをどうぞ!!

▼ご購入はオンラインストアからどうぞ▼

日焼け止めココサンシャイン・シリーズ

 

COCOSUNSHINE(ココサンシャイン)CMムービー from Snipe sports cosmetic on Vimeo.

【日焼けの知識】No.5 間違いのない日焼け止めの選び方

 第5回 | 間違いのない日焼け止めの選び方

シリーズでお届けしている【日焼けの知識】。

本日は第5回「間違いのない日焼け止めの選び方」についてお届けします。

 

 日焼け止め選びのポイント

日常生活とアウトドアのレジャーでは、肌で受ける紫外線の量が大きく変わります。

汗をかく環境、マリンレジャーなど水に濡れる場所、

さらにサーフィンやウェイクボード、トライアスロンなどなど、

水の中で行なうスポーツは強い紫外線にさらされることになります。

日常の紫外線をカットできる日焼け止めでは、そういった場所では力を発揮できないこともあります。

たとえSPF値が高くても、水や汗で落ちてしまう日焼け止めは意味をなさないものになります。

environment_uv_value

上記はそれぞれの環境に合わせたおすすめのSPF/PA数値になります。

SPF

(サンバーンの原因になるUVBを防ぐ目安になる数値)

PA

(波長の長い生活紫外線のUVAを防ぐ目安になる数値)

サンバーン(日焼けによる炎症)を防ぐ長さを数値に表したSPF。

SPFが高ければ良いと思われがちですが、これは紫外線をカットする成分が多く入っていることを意味します。

この成分によっては、肌が敏感な方は肌荒れを起こしてしまうこともあります。

日本では「SPF 50」と表示している商品が多いのですが、日本ではSPF最大「50+」までと規制されているため。

海外の日焼け止めは、「SPF 60」以上のものまであり、肌への刺激が心配になります。

ちなみに、SPFとは?

 

 知ってますか?SPFの本当の意味

このSPF数値、

実は「素肌と比べて日焼けするまでの時間」を表しています。

例)SPF30の場合、SPF30 × 20分 = 600分(10時間)

※SPFは”防御する時間”を目安とするので、SPF50でも日焼け止めが落ちてしまえば意味をなさない。

<SPF値よりも大切なのはウォータープルーフ効果>

SPF_cover

上記は「SPFの数値」と紫外線を防ぐ効果を比較した表になります。

実際は、紫外線の防御率は「SPF 30」ぐらいまではどんどん上昇しますが、それを越えると極端に緩やかな上昇になります。

SPFが高いと肌への負担も大きくなるので、環境を考えて効果的な日焼け止めを選ぶことが大切になります。

日常生活で使うなら、「SPF 15」以上あれば十分効果を発揮します。

<肌老化の原因の7割は紫外線の影響>

日焼けは医学用語では「日光皮膚炎」といい、太陽光によるヤケドを意味します。

日焼けによる肌のダメージや乾燥は、皮膚の老化を推し進めます。

日本人はシミができやすい体質、色の白い白人などはシワができやすい肌体質に当てはまります。

日焼けで肌が赤くなりやすい人は、特に紫外線ケアが必要なので、

日焼け止めをしっかり厚く塗ることをオススメします。

 

 環境によって日焼け止めを選ぶワケとは?

日焼け止めによってはアレルギーを起こすものもあると思います。

特に水や汗に強い海外製のものは、肌荒れを起こしやすい方が多いようです。

これは日焼け止めの成分によるもので、特に肌が過敏な人は肌荒れが起きやすいといわれます。

もちろん「SPF」が高ければ、UVカット成分が多く含まれることになります。

なので日焼け止めはSPFが高ければ良いというわけではなく、

その環境に合わせたものを選ぶことで、肌にも負担をかけずに済むのです。

<アウトドアで使用する日焼け止めのSPF数値>

炎天下のウォータースポーツで使うならば、「SPF 40」以上で”水や汗に強く落ちにくい”もの

また長時間アウトドアにいるならば、日焼け止めを何度か塗り直すのがよいでしょう。

高SPF値の日焼け止めを選ぶより、こういった対策をした紫外線をしっかり防止できるのです。

 

 

 すべてを考えて生まれた日焼け止め

snipenews20150707

ココサンシャインの特徴

ココサンシャインの日焼け止め成分は、肌に過敏な方を考慮して作られています。

紫外線をカットする成分のバランスを考えて、より肌に負担をかけない処方を目指しました。

SPFがいくら強くても水に落ちてしまえば、紫外線防止の役に立たちません。

ココサンシャインは水や汗に強く、落ちにくい固形(粘性)タイプまたはクリームタイプ。

ウォータースポーツや多量の汗をかくスポーツでも、紫外線から肌をしっかりカバーします。

さらに日焼けによる炎症を抑える保湿成分を配合しています。

使用感や伸ばしやすさ、肌へのなじみだけでなく、使用後の保湿感についても好評をいただいています。

特に女性の方からは、その柔らかい使用感と肌への伸びやすさを気に入っていただいております。

▽ココサンシャインの紹介ページ

https://www.snipe-sports.com/sunscreen/cocosunshine_stick/

 

 ココサンシャインの塗り方 – サーフィン編

【日焼け止めの塗り方】

紫外線の強烈なサーフィンやSUPでの使用方法。

まず体全体にココサンシャイン・サンスクリーンクリームを塗り、

顔にはフェイススティックをしっかり塗って肌全体をカバーしましょう。

アウトドアに長時間いる場合は、数時間おきに塗り直すのがGOOD。

snipenews20150616a

汗や水に強く、持続性が長い日焼け止め「ココサンシャイン」。

特に日差しの強い日は、しっかりと厚く塗ることをオススメします。

薄く伸ばすような塗り方では、長時間のサーフィンでは効果が落ちてしまうこともあります。

女性の方はブラウン系の色をファンデーションのように全体にまんべんなく、

厚く塗ることで紫外線カット効果をより高くすることができます。

 

SNIPEのテーマである「心身ともに健康なライフスタイル」。

スポーツをすることでカラダ内部から健康的に過ごすだけでなく、

運動することで心を軽やかに、心身ともに健やかなライフスタイルを提案しています。

肌のこと、健康のことを一番に考えた日焼け止め『ココサンシャイン・シリーズ』。

みなさまがヘルシーで明るい未来を築くお手伝いができたら何よりの幸せです。

Snipe Sports Cosmetics

https://www.snipe-sports.com