【日焼けの知識】No.2 日焼けのメカニズム

 第2回 | 肌の色と日焼けの関係とは?

日差しが急激に強まるこの季節、

シリーズでお届けしている日焼けの知識ですが、

第2回目は「日焼けのメカニズム」について解説します。

【第1回:肌の色と日焼けの関係】はこちら↓
http://www.snipe-sports.com/news/archives/584

 

 なぜ日焼けするのか?

beach-girl-tanning

日焼けとは?

日焼けは医学的に、「日光皮膚炎」という太陽光によるやけどです。

紫外線によって皮膚が刺激を受けて起こるもので、肌にとってはストレスの原因。

また、日焼けには「サンバーン」「サンタン」の2種類があります。

◇ サンバーン・・・赤く炎症を起こしている状態

◇ サンタン・・・肌が黒あるいは褐色に色素沈着して落ち着いた状態

サーファーの間では、サンタンは好まれますがサンバーンは嫌われますね。

サンバーンは、一般的に日光を浴びた4~5時間後から皮膚が赤くなり始め、

約24時間後にはヒリヒリと刺激が強まり、ひどい場合は浮腫(水ぶくれ)を伴ってきます。

 

 サンバーンは軽度のヤケド

sunburn_suntan

なぜサンバーンが起こるのか?

皮膚に紫外線(UV-B)があたると、血管を拡張させる物質(プロスタグランディンE)が角化細胞でつくられます。

その物質が真皮に届き、血管を広げることによって血液量が増え、皮膚が赤くなるのです。

紫外線が皮膚細胞のDNAに傷をつけます。

その傷がプロスタグランディンEを生成して、サンバーンが起きることがわかっています。

サンバーン(皮膚が赤くなる状態)がひどいほど、DNAの傷も多いことがわかっています。

<DNAの傷が及ぼす影響>

DNA(遺伝子)は生命活動をつかさどるタンパク質の設計図です。

DNA(遺伝子)は多数のアミノ酸の配列を決定し、

それが連なってタンパク質となり、人体を形成しています。

紫外線によってDNA(遺伝子)が傷つくことによって、アミノ酸の突然変異という形で人体に影響が起こります。

DNAはもともと傷を自己修復する力がありますが、あまりに強い日焼けで修復が追いつかずに、

突然変異を引き起こしたり、シミや皮膚ガンの発生につながってしまうのです。

 

 日焼けの先に老化あり!

hifu_001

紫外線は皮膚の老化の原因!

皮膚は、「表皮」「真皮」で構成されています。

薄い「表皮」の外側には角質層があり、瓦のようにつながって皮膚を守っています。

同時に体内からの水分が蒸発しないように、適度の水分を保って皮膚を乾燥から守っています。

表皮が正常に働いている状態こそが、健康な肌質となるのです。

「真皮」には、肌の弾力のもととなるコラーゲンやエラスチンなどがあります。

さらに保湿を促すヒアルロン酸の働きによって、みずみずしく弾力のある肌が生まれます。

紫外線などによるコラーゲンやエラスチンの破壊、ヒアルロン酸の減少によって、肌が乾燥すると、シワができ始めます。

褐色に日焼けした方が、加齢とともにシワが多くなるのはこの影響があります。

紫外線の種類(UV-A)によって、肌の真皮にまで到達するものがあり、

真皮にあるコラーゲンやエラスチンなどの繊維質を壊してしまうのです。

日常生活でも、紫外線をじわじわと受けることで、

シワなどの老化現象を引き起こしてしまいます。

 

 お子さまの日焼けにご注意を

子どもの皮膚は、みずみずしくきめ細やかでとても薄いので、

大人の肌に比べて、とてもデリケートです。

大人の2分の1程度の厚さしかなく、バリア機能もまだまだ未熟。

お子さまの肌をケアしてあげるのも健康的な生活には欠かせません。

これからの季節、アウトドアで遊ぶ際はしっかりケアしてあげてくださいね!

次回は、「紫外線の種類と肌への影響」について解説します。

 

burnguard_spray0703a

アウトドアや日常で簡単UVブロック!!お子さまにも安心です。

動き回るお子さまにも簡単に塗れるスプレーサンスクリーン『バーンガード』

http://www.snipe-sports.com/item/snipe/burn-guard/

【日焼けの知識】No.1 肌の色と日焼けの関係

 第1回 | 肌の色と日焼けの関係とは?

アウトドアレジャーの夏がやってきましたね!

今週より「日焼けのメカニズム」について、シリーズでお届けいたします。

紫外線が強まり、UVインデックスが「4」を超える3月中旬〜10月

屋外で長い時間を過ごすには、日焼け止めが推奨される季節です。

UVインデックスについて
3〜5 =日中はできるだけ日陰を利用し、日焼け止めや帽子着用
6〜7 =紫外線量がかなり強い
8 以上 =日中の外出はできるだけ控えましょう

 

 肌の色はメラニンが関わる

boys of Island fiji

それぞれの国による肌の色の違い。

それは人類の進化の歴史に影響されます。

肌の色はメラニン色素が大きく関わっています。

皮膚の表皮の奥には、メラニン色素を生成するメラノサイト細胞があります。

紫外線が当たることで、その刺激によりメラノサイトのメラニン合成が活性化されます。

強い日差しを浴びると、メラニン合成が活発になり、肌の色が黒くなる。

これが基本的な日焼けのメカニズムになります。

<日焼けのメカニズム>

メラニン色素は、肌の色を濃くする働きで、光の障害から肌の細胞を守る役割を担っている。

uv_colorturn001

といっても紫外線は、表皮細胞にとっては大敵。

<紫外線は肌に悪い?>

細胞内の核(DNA)がダメージを受けると、がんの原因になります。

さらに表皮を越えて真皮室に達した紫外線は、肌の老化を進めて、シミやシワの原因になります。

メラノサイトがメラニン色素を作り出すことで、ダメージを防いでいます。

DNAに覆いかぶさるようにして、メラニンの集合体が密集し、紫外線から皮膚細胞を守っているのです。

Map_of_Indigenous_Skin_Colors
(人種による肌の色マップ)

進化の過程で、体毛が極めて少ない人類は、太陽光から肌を守るためにメラニン色素を作り出したのです。

ちなみに地上で生きる野生動物は、一般的に濃い体毛に覆われているので、肌の色はありません。

アフリカなどの極めて紫外線の強い地域の人々は、肌を守るためのメラニン色素がとても濃いのです。

黒人など、日差しの強い地域の人々が黒い肌なのは、環境適応という進化なのですね。

アフリカで誕生した人類の祖先は、もともと黒い肌を持っていたようですが、一方で、いつから肌が白い人種が生まれたのでしょうか?

 

 肌の色はヒトが生き残るための知恵

それも環境への適応が関係しているようです。

人間に必要な栄養素として、ビタミンDがあります。

※ビタミンDは骨の形成や免疫効果に影響がある栄養素で、ビタミンD欠乏症はさまざまな病気の原因になります。

これは紫外線を受けることで、合成される栄養素なのです。

日差しが弱い地域に移動した人類は、紫外線をさえぎる黒い肌では十分なビタミンDを合成することができません。

現代のように食事やサプリメントで補えるならいいのですが、当時は肌のビタミンD不足は致命的な問題となります。

北極圏に近いヨーロッパなど、紫外線が弱い地域では、肌の色が薄いほうが生存に適しています。

白人などは、人類の進化の中で、遺伝子の変異によってメラニン合成能力が弱くなった人種なのです。

太陽光の少ない環境では、ビタミンDの吸収が優れた”肌の色が薄い人種”が生き残ったと言われています。

 

 わたしたち日本人の肌はどう?

では、日本人は?

日本人は、その遺伝子の一部を受け継ぐことで、ちょうど中性的な黄色系の肌になったようです。

アジア地域の日差しに合わせた肌の色が、私たちの肌なのです。

(肌の色を薄くする遺伝子変異は、現在「200種類以上」確認されています)

wedding_girl_white

肌の色による特徴として、色白の人はシワやシミができやすい傾向にあります。

日本人の中でも、色白の人や地黒の人がいるのはなぜでしょうか。

肌の色を左右する遺伝子に「OCA2」というものがあります。

日本人のなかには、約20%の割合でこの遺伝子をもっている人がいます。

そういう人は、肌の色が薄くなる遺伝子タイプ、要するに「色白」になるようです。

「美白」という言葉が流行るほど、日本人は色白が好きな人種かもしれません。

しかし、もともと日差しが弱い環境に適応した遺伝子ゆえに、紫外線に弱いという特徴があるのです。

色白の人は、強い日差しを受けると炎症しやすく、シワやシミもできやすい。

そして皮膚の老化も起きやすいといえます。

日焼けは、色白の人ほど油断大敵。

日頃のUVケアや日焼け止めでのプロテクションが大切となります。

サーフィンやアウトドアでは、UVケアをしっかり心がけてくださいね。

 

 まとめ

□ 色黒の人の特徴

・一般的にメラニン色素の合成能力が高い。

・紫外線に強い肌をもち、多少日差しに当たっても炎症したり赤く腫れることは少ない。

・すぐに黒く日焼けする特徴がある。

□ 色白の人の特徴

・メラニン色素の合成能力が弱いため、紫外線による刺激には敏感。

・一般的に、日差しで炎症しやすく、歳とともにシワ、シミも増えやすい。

・肌老化を防ぐには、若いうちからUVケアが大切。

肌にも環境にも優しい成分で作られたスーパーウォータープルーフの日焼け止め、『COCOSUNSHINE シリーズ』はコチラからどうぞ!!

↓  ↓  ↓

 https://www.snipe-sports.com/sunscreen/cocosunshine_stick/

 

[5月10日〜12日] 商品の出荷について

[お知らせ]
2015年5月10日から12日までの期間
社員研修のため、営業をお休みさせていただきます。

上記期間ご購入分に関しましては、5月13日からの出荷・発送となります。

ご理解いただけますようお願い申し上げます。

STAFF

SNIPEアンバサダーのご紹介

みなさま、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

弊社SNIPEは、日焼け止めやスポーツコスメ商品を通して、

心身ともにヘルシーなライフスタイルを提案しています。

それと同時にウォータースポーツやトライアスロン、ロードレース、クライミングなど、

多岐にわたり活躍するアスリートからご意見やアイデアをいただき、

SNIPEアンバサダーとして応援させていただいております。

http://www.snipe-sports.com/team_snipe/

といいつつも、弊社スタッフも波乗りやクライミングなどなど、

アクション系スポーツの愛好家ですので、

スポーツを通してお互いに人生を楽しむ仲間という意味合いが強いのです。

本日は新たなアンバサダーをご紹介いたします。

image004

宇井 初美 プロ

日本を代表するプロロングボーダーありながら、

おしゃれで可愛いアスリートとしても脚光を浴びる宇井プロ。

雑誌のトリップ企画やファッション撮影などで国内外を飛び回り、

枠にはまらない自由な発想、アイデアはSNIPEにとっても宝物。

明るくて健康的なキャラクターはまさにSNIPEのイメージにもぴったり♪

優しくて笑顔がキュートな初美プロ、どうぞよろしくお願いします。

 

TOF_day4

與那嶺 恵理 プロ

自転車競技のロードレースでプロ選手として活躍する日本の若き星、與那嶺プロ。

ロードレース、マウンテンバイクの国内第1級レースで数々の勝利を収め、

小柄な体からは想像できないガッツ溢れる走行で世界を制する日も近いです。

炎天下で長距離を走るロードレースは強い紫外線にさらされます。

さらに汗だけでなく、体を冷やすために給水や頭から水をかぶったりと、

一般的な日焼け止めではすぐに落ちてしまうのです。

與那嶺プロは耐水性の強力な「COCOSUNSHINEクリーム」を愛用しております。

プロ・アマを問わず、ロードレースが注目される昨今、

みなさま、世界に羽ばたく與那嶺プロを応援してあげてくださいね!!

 

kanasuzuki_profile2015

鈴木 香那 プロ

カリフォルニア、オーストラリアとサーフィンの本場でスタイルを磨き、

コンペティションだけでなくライフスタイルとして海を楽しむ香那プロ。

ポジティブなオーラと健康的な笑顔で周囲の人を魅了し続け、

雑誌「HONEY」 のオフィシャルブログ執筆、ロンハーマン勤務などなど、

サーフィンだけでなく、彼女のファッションやライフスタイルも大注目。

その類まれな経験をSNIPEアンバサダーとして活かしていただくキュートガールです♪

 

【SNIPEアンバサダーを雑誌記事でチェック!!】

snipenews20150428d

雑誌「NALU」最新号では、

今日ご紹介した宇井初美プロのトリップジャーナルが掲載中です。

snipenews20150428c

snipenews20150428b

 

snipenews20150428a南国ウェストジャワへの旅。

波乗りも上手くて容姿端麗、才色兼備のアスリート。

今後の初美プロの活躍にも大注目ですね!

 

snipenews20150428g鈴木香那プロも大人気雑誌「HONEY」で大活躍。

SUP講師としてスクールも開催しているので今夏いかがでしょうか?

湘南ロコガールのビーチライフスタイルも素敵です。

http://honey-mag.jp

 

さらに「ON THE BOARD」最新号では、

カリフォルニア生粋のロガー、”ローファー”ことブライアン・アンダーソンのトリップ記事。

snipenews20150428f

snipenews20150428e

ブライアン・アンダーソンもココサンシャインを愛用いただいております。

上記写真にはココサンシャインのステッカーが見えますね!!

“ローファー”こと、ブライアンのロギングはテクニカルかつ正確なライン取りで、

まさにいぶし銀のかっこよさでカリフォルニアでも大人気のプロサーファーです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

こちらの動画でもトップバッターで登場。

もちろん元祖SNIPEアンバサダーのクリスチャン・ワックも出演しております!!

ぜひチェックしてみてくださいね。

Mexico from UFA Films on Vimeo.

スキンケアの視点で生まれた『COCOSUNSHINE』

snipenews20150331

いよいよ明日から4月に入ります。

今週から気温も上がり、暦の上でも春がやってきましたね。

本日は弊社の『ココサンシャイン・シリーズ』をご紹介します。

snipe_cocosunshine03

“弊社スナイプがこだわるのは健康的なスキンケア”

アウトドアスポーツやナチュラルな生活を通して、

外見的だけでなく内面からもヘルシーかつ心身ともに豊かなライフです。

そのような観点から生まれたスーパーウォータープルーフの日焼け止め。

それがこちらの『ココサンシャイン・シリーズ』です。

http://www.snipe-sports.com/sunblock/

 

snipe_cocosunshine_mango01

【COCOSUNSHINEの特徴】

“お肌を第一に考えた超防水サンスクリーンを目指しました”

海外製のスティック型サンスクリーンには、紫外線吸収剤が多く含まれていて、

肌が過敏の方のなかには、ご使用中に刺激を感じてしまう方が多いのが現状です。

(特にお肌のアレルギーを抱えている方は注意が必要になります)

弊社の『ココサンシャイン・シリーズ』は紫外線吸収剤を極力抑えつつ、

スーパーウォータープルーフを実現させるために独自の製法にこだわりました。

水や汗に落ちにくい製法で紫外線をしっかりガードします。

 

“塗りやすさと肌への刺激を抑えた日焼け止めスティック”

ファンデーションのような伸ばしやすく柔らかい製法で、

男性のみならず、女性の方からも大変好評をいただいております。

過敏な肌、皮膚のアレルギーを考慮し、さまざまなテストをクリアして、

お肌に安全で健康を考えたサンスクリーン(日焼け止め)として製品化しました。

肌の過敏な方でも、極力影響のない使用感を目指しております。

※日焼け止めの反応が過敏な方はまずは腕などで局部テストを行ってくださいませ。

 

snipe_cocosunshine_white02

【蜜蝋(みつろう)】

“原料にこだわったスティックタイプの日焼け止め”

人体に無害で影響がないと言われる「蜜蝋」を使用し、

滑らかで使いやすいスティック形状を作っています。

ミツバチの巣の材料でもある蜜蝋は、

オーガニック製品や石けんなどに使用される材料で、

『ココサンシャイン』はとても自然度の高い製法となります。

 

【気にせずご使用いただける内容量】

使用頻度によってはすぐに無くなってしまう日焼け止めスティックですが、

他社と比べても多めで、長持ちする「20g」。

日焼け防止のためにたくさん使用しても、

じゅうぶんワンシーズン以上長持ちする内容量。

※基本的な消費期限として3年以内を目安にお使いください。

 

【皮膚への安全性】

“信頼と安心が認められる日本製”

世界でも厳しい薬事法をもつ日本のテストをクリアした酸化防止剤を使い、

皮膚への安全性を最大限に考慮した原料で作られています。

(薬事法で安全性が確認され、配合量も人体に影響がない一定量のみ)

 

snipe_cocosunshine_white01

外国製のウォータープルーフ日焼け止めをご使用され、

肌に合わなかった方からも好評をいただいている『ココサンシャイン』。

ファンデーションのように滑らかで伸びの良い使い心地で、

女性の方からも多くのご支持をいただいております。

cocosunshine_stickcolor

ココサンシャイン[スティック]のカラーは2種類。

マンゴーブラウン(色:ライトブラウン)とココナッツホワイト(色:ホワイト)。

マンゴーブラウンは無香料、ココナッツホワイトはバニラムスクの香り。

ココサンシャインはサーフィンだけでなく、

すべてのマリンスポーツ、スノーやアウトドアを楽しまれる方には、

たいへんオススメですので、どうぞお試しくださいませ。

▽COCOSUNSHINEはこちらからご購入いただけます

http://www.snipe-sports.com/sunblock/

(SNIPEスタッフ)